家売却で失敗したくない方の不動産査定

 

一戸建て売却の査定

 

 

一戸建て売却

 

家を少しでも高く売るためには、正しい順序と査定方法があります。

 

その順序を知らないまま不動産売却を進めていく方の多くは、売る時にトラブルが起きたり、安く売る羽目になってしまったりしてとても面倒なことが起きている方がいるのも事実です。

 

しかし、当サイトでご紹介している家を売る方法であれば、売りたい物件の相場や正しい不動産会社の選び方がカンタンにわかります。
さらに、売却期間も早いだけでなく優良業者がみつかりますし、騙されたりすることなく安心して家を売ることもできます。

 

まず、これから家を売ろうかと考えていらっしゃる方は、売却後に自己資金を増やすためにも正しい売却方法で満足いく査定を試して相場や売却値を精査いただければ必ず高い価値で売ることができます。

 

私も家を売りたいと思って悩んだとき、不動産業者に騙されそうになった悩みを解消してくれた、無料の不動産一括査定サービスを試してすべてが上手くいきました。

 

無料査定サービスというものは、家を売りたいと思っている方なら誰もがタダで使えるサイトで、家の価値を調査するのに費用もかかりません。

 

例えば現在ローン残高(ローン残債)が多少あっても不動産の価値や、いま現在の売値を不動産一括査定サービス(無料)で調べることができます

 

家売却 不動産査定

 

無料の不動産一括査定サービスがこちら!

 

 

この一括査定サービスには、大手不動産業者が複数登録している中から厳選して選べます。

 

一回の入力で複数の業者に売却査定ができ、それらの業者から一番高く売れる仲介業者を選ぶだけなのであなたが一社一社不動産会社に訪問して比較検討しなくていいので楽なのです。

 

住宅ローンが残っている家を売る際、正しい不動産価値を調べることができたり、土地の査定をしたい場合などムダな時間と大変な思いをしたくない方、売却したい期間がない忙しい方にピッタリなサービス。

 

まだ無料一括家売却サービスを使ったことがない方は、損をしないためにも無料の不動産サービスを活用すると便利ですよ。

 

 

家売却した方の体験談をご紹介

家を売るためには複数の不動産を比較をすることが重要

家の売却

親から相続した家を売却しましたがインターネットの不動産一括査定を利用してよかったと思っています。なぜなら素人のため、ネット記事をみても実際はいくらで売れるのか相場がわかりませんでした。また、土地付き住宅ローン残高があり、少しでも早く期間を短くして高く売りたかったのです。不動産会社によって数百万円の差が出ることを知っていました。住宅ローンを解消するためにも家売却をする場合は比較することが重要だと思いました。最初から査定額の低いところで決めてしまうと、数百万円の損をするところでしたし、家売却したら必応になる確定申告の税金を確保しておく必要があります。
不動産一括査定サービスでは、簡易査定をしてもらえますが、その後、訪問査定をしてもらって、より正確な価値で売却値を出してもらいました。訪問査定でも、何社か比較をすることが重要です。最終的には、売れるまでの期間が早くて一番信頼できそうなところに依頼をしました。調べた額も重要ですが、絶対にその金額で売れるわけではないので、契約を結ぶのは一番信頼できるところがよいと思います。

神奈川県横浜市 須藤様

家を売る不動産会社の選び方と査定方法

家を売る

家を売却したとき最初に悩んだのは正しい価値で家を売る不動産業者を探すことでした。その理由は、わたしにはローン残債がかなり残っていました。その住宅ローン返済をして完済し自己資金を増やしたかったからです。私が5年前に最終的に決めた不動産会社に依頼したとき、大きく分けて分割査定と不動産一括査定の2種類ありました。売れるまでの期間や売却額の問題もありましたが、最終的にローンが完済できそうな不動産一括査定サービスで比較し決めました。それまでは、分割査定の方がより細かな実情に近い価格で売却額を出してくれるかと思いましたが、その時は時間がそれほどありませんでしたので、不動産業者の比較を選択し選びました。結果は、予想以上に細かく調べてくれてなおかつ早い時間で査定してくれました。家を売るまで3カ月程度の期間が有れば分割でもいいのですが不動産一括査定でも十分だと私は感じました。

愛知県 長野様

家を売るなら最低3社は不動産会社を当たった方がいい

家を売る時期

家を売った時期は今から5年前の冬でした。2月の一念で一番寒い時に住宅ローン残高が少し残っていた家売却をしました。本当は、いろいろな不動産会社と時間をかけて売却の話をしたくなかったのですが、最低3社は比較した方がいいと友人からの意見が有ったのでそうしました。すると、自分が思った以上に値段にバラつきが出ました。一番高い会社と低い会社の差が100万程度開いたのは今でも鮮明に覚えています。理由として会社ならではの重視する点が異なっているため、その様な評価が割れることにつながるという事を不動産業者の比較をしながら学びました。たとえば不動産会社に依頼すると担当者がつきますが、その担当者の裁量も評価基準に入ることも。
売る家の価値や値段に差がでてくるので、まだ住宅ローンがまだ残っている場合や、売るために相場を調べたいと思っているときは、期間を早くして家売却をしたいという希望がでてくることもあるでしょうけど、事前に最低3社は不動産会社で比較したほうが正しい価値がでると思います。

千葉県市原市 大山様

 

 

 

家を売る前の無料査定と体験談のページはこちら!>

 

 

家が高く売れる理由は不動産業者選び

 

家を売る 不動産業者

 

・・・300万~700万円以上の差が出ることはよくあります。

 

そりゃそうですよね!業者比較しているので家が高く売れるのは当たり前

 

でも、こんな方も多いです。

 

家売る家や土地を売りに出してもなかなか売れなかった。
家を売る家を売るのに時間がかかったわりに安く売却してしまった方・・・
家売却 ローン住宅ローン残高を完済できると思っていたが残ってしまった。
家が売れるまで家が売れるまでの期間が1年以上かかってしまった。
不動産手数料不動産に支払う仲介料金がとても高かった。

 

その理由は、複数の不動産会社を比較せず、一社の仲介業者のみに査定依頼したからです。

 

  (↑ これ家売却での「損」をしている方の法則なのですね。)

 

 

一社だけに査定し売却依頼すると、どうしても基準がその仲介業者だけになるため比較対象がなくなります。

 

つまり、その不動産会社に販売力がなく、売れない言い訳をされても一般人の私たちにはそんな事情はわからないのです。(汗)

 

住宅ローン残債がある家を売るなおさらですよね。

 

 

しかし、一括売却査定の家売却サイトを利用することで上記の写真のように
A社、B社、C社、それぞれの売却額がわかるので希望売却額により近い
不動産業者を選ぶことができます。

 

(無料で比較できる唯一の方法が、不動産の一括売却です♪)

 

 

家を売るとき不動産査定を活用している方

 

 

空き家や住んでいない住宅や土地などの相場を調べたい方

 

引越し、転勤、など買い替えで高く売りたいと考えている方

 

希望売却額、相場よりも高く売りたいとあらゆる可能性を検討している方

 

住宅ローン残債がまだあるが完済したいと思っている方

 

とりあえず売却額がどれくらいになるのか前向きに調べたい方

 

不足分の支払い状況を安心できる不動産会社に相談したい方

 

家売却での仲介料を最小限に抑えたり、税金のサポートが欲しい方

 

 ↑ こんな方に、無料の不動産一括査定サービスはずいぶんと役立ちます。

 

 

不動産査定 無料

 

 

不動産査定サービスを利用する人が増える理由

 

・・・実は、このサイトで紹介している無料査定サービスでは勧誘が一切ありません。

 

(安心して不動産査定をすることができます)

 

不動産査定 インターネット

 

通販購入したことがある際、少なからず経験があるかもしれませんが、インターネットで申込みをすると勧誘の電話が月に1~2回かかってきたりすることがあります。

 

忙しい時にかかってきたり、仕事中の勧誘電話って、とっても迷惑ですよね・・・。

 

 

 

一部の不動産査定会社の場合は、査定後に勧誘があると聞いていますが、当サイトで紹介している不動産一括査定サービスでは一切勧誘がありません。

 

(悪質な査定サイトには、くれぐれも気をつけてくださいね・・・)

 

 

私自身も、持ち家を売るために査定をしてもらった経験があります。
不動産査定した数日後、勧誘の電話も一切ありませんでした(経験済み)。

 

そのとき、不動産査定して営業マンに教えてもらったことがあります。

 

家売却意外にも土地や住宅ローン残債がある中古マンションを売る場合も同じことがいえるらしいのですが、不動産市場としては今、高く売れる場所やエリアというのがあるのです。
(実際には、査定依頼していただくことで調査結果が出せるようになる)

 

その家やマンションが高く売れる理由の一つが、購入希望者が多い場合です。
駅から近い、都心にある、学校、病院なども近所にあるのも高く売れる傾向にあります。

 

その他、都心から少し山里離れた自然が多い地域の家でも、セミリタイヤされた方が老後をのんびりと過ごしたいと、土地付き住宅の家が人気です。
空気や水がキレイで環境がよい場所にある家であればローンしてでも買って田舎暮らしをしたいと思っている方が増えています。

 

 

もし家の環境が気になる売主さんで査定価格や売却後の自己資金が気になる場合は、安心して査定できる不動産一括査定サイトが便利だと感じました。

 

いろんな家庭状況があると思いますが、実際に複数の不動産業者に査定してもらったほうがよいことは間違いありません。

 

 

結局、不動産一括査定サイトってどんな感じなの?

 

不動産査定 相場 相場よりも700万円以上高く売れる場合が多い!
  業者比較することで、どこよりも高く売れるので生活資金に余裕ができます。

 

不動産売る 審査の基準をクリアした不動産業者が参画している。
  怪しい仲介業者は一切排除!何の心配もなく依頼できる業者が見つかります。

 

不動産業者一覧 大手業者から地域密着の信頼できる業者を選択できる。
  地域に強い業者や住宅ローン残債に強い業者が複数。これは鬼に金棒で心強い。

 

不動産の勧誘 査定をしたあともイヤな勧誘が一切ない。
  当サイトで紹介している不動産一括査定サイトは質が違います。

 

 

 

無料の不動産査定を1日でも早くしたほうがよい理由とは?

 

家売却

 

 

一戸建て住宅や土地、マンションなどを購入したいと思っている場合、需要が多いこの時期に売ることで一番高く売ることができる時期なのです。

 

ただし、家が高く売れ続けているという現状が、今後も続くかというとそれは厳しいかもしれません。

 

 

不動産のニュース記事を読んでいると、東京オリンピック前は家が高く売れる時期だといわれていて、土地の高騰が起きています。
人の集まるエリアでは購入したい方が多く物件を探しています。

 

そのため不動産価値が高まり、相場よりも高く売れているのですが、この現象がこの先も永久に続くとは限りません。
ですのでお住まいの家を売るなら、今が不動産査定するチャンス!

 

2年以内に中古マンションを売りたいと考えて探している人もいます。
また、住宅ローン残が気になるができるだけ早く一括返済して気持ちを楽にしたいということで、売却して手放そうと検討中の方もいます。

 

そんな時期だからなのか無料の不動産査定サービス利用の件数が増えています。
家が高く売れるからといっても、高く売れる傾向には期間があり、そう長く続くものではありません。
ただ2018年ごろまでは高く売れますし、不動産会社に支払う仲介料も安いです。

 

<まとめ>家が高く売れる時がやって来ている、この時期こ不動産査定をすると高く売れるそチャンスです。

 

高く売るタイミングが今だとすれば、無料不動産査定で今の売却額を調べておくこと失敗しない対策として多くの方に知られてきています。

 

売った後、後悔をするのがイヤな方は、まずは無料一括査定後にどうするか考えるだけでも、のちのち満足できる売却額で売ることができます。

 

 

 

家売却の査定業者にはどんな不動産業者が參画しているの?


無料一括査定サービスと提携している業者900社以上あります。(一部の業者をご紹介しています)

 

不動産査定業者

もっと業者を見てみる>>

 

大手業者から地域に強い不動産業者が參画していて、それぞれの会社から売却額の一括査定ができます。
約60秒の入力で、これらの不動産の中から最大6社を選んで査定できる便利な家売却サービス

 

お住まいのエリア、また全国各地の不動産売買に強い会社を厳選し、総合500社以上勢揃いしているの不動産査定サービスだからこそ、高く売ることができるのです。

 

 

 

不動産業者サービス

 

<まとめ>推薦!無料の不動産査定サービス

 

上記の基準をすべてクリアしている無料の不動産一括査定サービスです。

 

不動産査定で一括比較すると、一戸建て住宅、マンションなどの売却、土地売却など、それぞれに力を入れてくれ丁寧な対応をしてくれます。
また、勧誘もないので忙しい方にもピッタリ。

 

相場価格よりも高く家を売ることができるのはもちろん、たとえば家のローンが残っている場合や、近所にバレないように家を売りたい場合情報が漏れないように無料で不動産査定してもらえるのも大きなポイントですね。

 

家を売ろうと検討しているのであれば、ココで無料査定してもらえば間違いありません!

 

ムダな時間を取られることなく、価値も高く評価されるため家族も安心できる業者に無料で家売却の一括査定ができます。

 

一都三県なら、ソニー不動産(←こんなメリットも!)がオススメです。

 

 

 

一戸建て売却

 

>> 無料で調べたい方はここをクリックしてご覧ください

 

 

 

これは知っておこう!不動産売買に関する知識

 

家を売るコツですが、業者の査定方法には、2種類あります。

 

一つ目は、「机上査定」というおおよその売却価格をインターネットで調べる方法。
ふたつ目は、「訪問査定」といい、実際に家に営業マンが来て細かな部分をみて査定する方法。

 

オススメの方法としては、まず「机上査定」で地域の相場や一戸建て住宅の大きさなど、ネットで入力しおおよその売却価格を出し、その後「訪問査定」という流れになります。

 

家の査定がはじめての方は、推奨のインターネットで簡単に比較できる机上査定をしてみることをおすすめします。

 

家を売る期間もそれほどかかりませんし、何より売却後の税金やアフターなどもしっかりとサポートしてくれる不動産会社がみつかります。

 

注意事項としては、家を売却したりマンションを売る場合、決していきなり不動産業者に飛び込んで「家を売りたいんですけど・・・」と、相談だけはやめましょうね。

 

足元をみられるだけでなく、悪徳業者だった場合、家の価値を下げられたり後に面倒なことになりますので、必ずこのインターネット不動産売却の無料一括査定サービスから売るスタートをはじめられることをオススメします。

 

 
 

 

これは知っておこう!家売却するときにかかる税金の知識

 

家を売却したら確定申告をします。
そのとき、一般的に給与所得や他収入と別に「分離課税」という税金の計算が必要です。

 

また、不動産売却で2つのパターンがあります。

 

A) 購入価格よりも不動産が高く売れた場合
B) 購入価格よりも不動産が安くなった場合

 

高く売れた場合は、確定申告が必要になります。
税金は所得税や住民税がかかってきますが、場合によっては控除もあります。

 

また、購入価格よりも安くなってしまうことが多い不動産ですが、利益が出ないときは税金はかかりません。
不動産売却でよくあるのは、購入額よりも高く売れることのほうが少なく利益は出にくいのですが、理由によっては売却後に税金還付が受けられることがあり、そのときは確定申告を行う必要があります。

 

中古住宅の買い換えをしたときだけでなく、家を売った時の税金で必要以上の損をしないためにも、当サイトが推奨している不動産業者の一括査定でプロに相談して売却するのが一番おすすめです。

 

というのも、税金や還付金の制度は時代によって変わることがあり、まずは常に新しい情報を持っているプロに聞くのが一番です。

 

 

抵当権の付いた物件の売買

家の買い替えを検討している方で気に入った物件がみつかり売買契約をした場合の話です。
契約書に「決済までに抵当権を抹消して買主に引渡す」という旨が書かれていていると不安になることもあると思いますので抵当権について記述しています。

 

【抵当権とは】
抵当権というのは、金融機関などからお金を融資してもらう債権者が登記所有している不動産や自動車・船・飛行機を財団に設定する担保(担保ローン)です。

 

その他<根抵当権>があり、事業で継続的に発生する債務などの資金繰りを担保するために利用されている抵当権もあります。

 

抵当権が抹消できないような物件を売買することは無いと思いますが、気になる方は担当者に聞きましょう。

 

抵当権抹消登記についてカンタンに解説します
住宅ローンでお金を借りたとき、あなたの不動産を借金の担保として確保している権利のことを抵当権といい、住宅ローンを組んだ場合は必ずといってほど抵当権設定が行われます。
しかし住宅ローンを返済がすべて終わったら債務者から抵当権を抹消する書類が交付されるので、抵当権の登記を抹消しなければなりません。
債務者から交付された書類をもって不動産を管轄する法務局に出向き、抵当権の抹消登記を申請するのが一般的な流れです。
ちなみに抵当権抹消登記にかかる費用というのは登録免許税で、不動産1物件につき1000円程度かかります。
登記の専門家に依頼もできますが、意外と簡単で自分でもできるため時間を作って法務局に行くことをおすすめします。

 

 

住宅ローンの返済条件や競売について

収入の変化や生活環境が変わったり災害等で、住宅ローンの返済条件を変更したい場合、ローンを組んでいる金融機関に相談しましょう。

 

金融機関で組んだ住宅ローンの種類や契約条件によって、利用できない場合があったり、変更条件によって費用が多くかかってくる場合もありますので、該当する方は金融機関の窓口や住宅金融支援機構などで相談するのも方法のひとつです。

 

住宅ローンを組む場合は連帯保証人不要で、銀行などの金融機関とのあいだに保証会社が入っていると思います。
もし、返済義務を怠ったとき銀行の貸し倒れが起きないように、保証会社が債権者の代わりに銀行へ一括返済をします。
債務者の返済は金融機関から保証会社に変わるだけで、返済からは逃れることはできません。

 

 

住宅ローンの支払いができなくなり競売になった場合はどうなるの?
競売になる状況というのは、債権回収会社からの返済提案も遂行できず強制執行が行われる状態です。
つまり住宅ローン支払い義務が遂行できなくなると、無条件で家を差押られます。
住宅ローンの支払いが3ヵ月以上滞ると、不動産を差し押さえられます。
また、競売物件は新聞等の情報機関で名前や住所が公開されるため、ご近所さんや知人にすぐにバレてしまいます。
競売で落札されたら6ヶ月間の退去猶予期間のあいだに出て行かないと強制執行で強制的に家財と共に出されます。