空き家にしている住宅を早く売るコツ

 

空き家にしていると売りやすいと聞いたので、住んでいた家を出て空にしているのですが内覧者が来るもののなかなか売れません。

 

といってもまだ1ヶ月程度なので売れるのはこれからかなーと思ってはいるのですが、あまりにも長期間、空き家にしてるのはきになるものです。

 

定期的に売る予定の家に行って風通しをしているのですが、早めに売るにはどうしたらよいでしょうか?

 

多くの不動産業者を無料比較することからはじめましょう

 

一戸建てを売るために、事前に引っ越して空き家にしてしまう方もいますね。
こうすれば、購入したい人が物件を確認する際に便利という利点がありますね。
家の隅々までしっかり見たいという要望には応えやすいのです。

 

しかし、空き家状態を長期間放置していると想像以上に建物が傷んでいくことがあります。
生活している家は、人がいるために温度や湿度がほどよく保たれます。
しかし、一戸建ての空き家はこの調整が行われなくなります。

 

季節によりますが、乾燥しすぎる、逆に湿気が多くなるという問題が発生します。
壁紙や障子、襖のように湿度の影響を受けて傷む場所は多いんですよ。
また、目立たない箇所にカビが生える危険性もあるのです。

 

とくに水回りの問題もありますね。
水道管の錆びは売る際の価格に直接的な影響が出ます。

 

一戸建てを空き家にしても、水道契約を続けて時々水回りを使ってあげましょう。
ついでに換気をすれば、湿気対策にもなりますね。
もちろん、売るまでの空き家にする期間を最低限にするのがいちばんです。

 

そんな空き家状態をなくして早く売却するためにも
多くの不動産業者を無料比較して、早く高く売れるようにしましょう。

 

売却期間を最小限に抑えられるため、売った後がスムーズになります。