空き家売却記事一覧

空き家を所有しているという方が困っていることは、おそらく維持費がかかるという点でしょう。誰も済んでいなくても固定資産税はかかりますし、建物自体の劣化は、住んでいないとスピードが速くなるため、補修や修繕の費用がかかってきます。そこで、思い切って手放してしまった方がよい場合もあります。まず、空き家を売却するうえで考えておかないのが、土地についてです。土地を借りているのであれば、大家の承諾が必要です。も...

空き家売却相談は大きく分けて3つあります。①不動産業者に相談②空き家専門サイトで賃貸にする③役所に相談空き家を売りたいと考えているのであれば、まず不動産業者に相談をしましょう。そして、売れないと感じたら、空き家専門サイトで賃貸として家賃収入を考える。空き家専門サイトでも賃貸契約者が現れない場合は、役所に相談する。役所でもどうしようもないと言われたら、お金がかかりますが家を潰して更地にして土地だけを...

日本にはたくさんの空き家があります。一戸建てを保有している人がそこに住まなくなったのであれば、家族が相続するような事もあるでしょう。相続した場合には、税金も支払わなくてはなりませんし、管理もしていかなくてはなりません。近くであればある程度管理はしやすいですが、簡単に行くことが出来ない距離となると管理は難しくなります。そこで、空き家の状態が長く続いているのであれば、売却を考えてみてもいいでしょう。売...

空き家は築年数が数十年以上経過していることが多いので、なかなか売れないケースが一般的です。最近は周囲の環境に多大な迷惑をかける空き家は、固定資産税の減税も認められないので、すぐに売ってしまうのが無難です。通常は買い手が見つからない場合は、建物を解体して状態を良くした更地で売ります。解体費用は木造住宅であれば、1坪当たり3万円~4万円なので、30坪で90万円~120万円が相場です。買主と折半すれば5...

固定資産税は、毎年1月1日に土地や家屋を所有している人に市町村が課す税金です。課税標準額という評価額を算定して税率をかけると、支払う税金が分かります。土地でも住宅用地に関しては、課税標準額が低くなります。この減免措置は固定資産税の特例措置なので、家屋を取り壊したり店舗として使ったりすれば住宅用地でないので、申告しなければなりません。しかし特例措置には問題がありました!それは空き家にも特例措置が適用...

家族が増えて家が狭くなってしまった、逆に子供が独立して広くなってしまった、新築をしたり転勤をする、通勤に便利な場所に引っ越す、ローンが返済できないからなど家売却をする理由はさまざまなものがあげられます。住んでいる家と空き家にした家では、空き家の方が売りやすいとされています。これは、購入予定者が居住中の物件を内覧したときの気分として、友人が購入した家を見学にしに来た気分になってしまい家を購入する時の...

親から相続した実家に誰も済む予定がないなどの理由で、全国には空き家になっている家がたくさんあります。親世代がマイホームを購入したけれども、親世代のマイホームは駅から比較的遠い場所に大きな家であることが多いのです。子供の世帯はすでにマイホームを持っていたり、実家を引き継ぐには広すぎて管理ができない、もっと駅に近いところに住みたいという理由で子供世代が実家に戻ることは少なくなってきています。そして、親...

空き家になった実家を相続した場合、誰も住んでいないからといってすぐに売却という決断をすることは、家という大きい所有物であることと想い出などを考えると難しいものです。しかしながら空き家を維持しているのにも固定資産税や都市計画税など、コストがかかります。その家に住む場合は相続税が軽減されるという特例もありますが、空き家のままにしておくと適用されません。相続で空き家を売却する場合は、名義変更後でなければ...

マンション売却の際に、迷う方が多いのが、居住中の状態で内覧してもらうのがよいのか、引っ越して空き家の状態にした方がよいのかということではないでしょうか。居住中の売却、空き家の売却には、それぞれメリットとデメリットがありますので、物件に合った方法で売却を進めるのがおすすめです。居住中の場合、室内の状態を家具やカーテン、照明器具を備えた状態で内覧してもらうことができます。そのため、室内の雰囲気から、生...