空き家売却の相談はどこへすればよい?

 

空き家売却相談は大きく分けて3つあります。

 

①不動産業者に相談

 

②空き家専門サイトで賃貸にする

 

③役所に相談

 

 

空き家を売りたいと考えているのであれば、まず不動産業者に相談をしましょう。

 

そして、売れないと感じたら、空き家専門サイトで賃貸として家賃収入を考える。

 

空き家専門サイトでも賃貸契約者が現れない場合は、役所に相談する。

 

役所でもどうしようもないと言われたら、お金がかかりますが家を潰して更地にして土地だけを売るという流れが一般的です。

 

 

ということで、空き家の相談をまず不動産業者にするにあたり、その流れから説明します。

 

 

空き家を不動産業者に相談

 

空き家ということは、いまはだれも住んでいない家ですよね。

 

ということは、内覧もしやすく売れる可能性も高くなります。
(潰れかけているような空き家は除外)

 

田舎の家でも、再利用して住みたい人は意外と多く、不動産会社に空き家に絞って物件を探している購入者もいるぐらいです。

 

空き家でも売れる可能性が高いので、まずは無料の不動産査定サイトを使って、売却できるか調べてみましょう。

 

空き家を売る 無料の不動産査定サイトはこちら!

 

ここで値が付くようであれば、売れる可能性がとても高いです。

 

 

 

空き家専門サイトで賃貸にする

 

空き家専門サイトというもの最近、注目を浴びて利用者も増えてきています。

 

たとえば、空き家バンク(https://www.iju-join.jp/akiyabank/)などはテレビや雑誌等で取り上げられていました。

 

田舎暮らしをしたい若者は、自家農園付きの一戸建てを賃貸で借りて住む方もいるようです。

 

また都会に疲れたご夫婦でのんびり自然に囲まれて暮らしたいと、空き家バンクを利用しています。

 

空き家が売れない時は、空き家バンクを利用して賃貸として貸し出すことも有効な方法です。

 

 

空き家バンク

 

空き家バンク

 

 

 

 

役所に空き家の相談をする

 

不動産査定サイトでも売れない。
空き家バンクでも賃貸として借りてもいない。

 

そんなときは、役所に空き家の相談をしますが、これは最終手段です。

 

役所でも、きちんと対応してくれる方がいれば、どうにか空き家の相談に乗ってもらえるかもしれません。

 

ただ望みは薄いので、できるだけ諦めず、不動産サイトを活用して売れるように、また賃貸でも貸せるようにしたいですね。

 

 

 

 

空き家を売るために不動産売却サイトを使うメリット

 

ポイントは、不動産業者の比較です。

 

不動産業者の中には、空き家売却を得意としている会社があります。

 

その業者を見つけるために個人で動くのはとてもじゃないけど大変です。

 

 

そんな時に役立つ比較サイトをみんな活用しています。

 

空き家売却を相談をした78%以上の方が、比較して良かったと感じています。

 

 

その理由は、労力がかからないこと。

 

そして何より、無料で業者比較できます。

 

 

忙しくて時間がない方や、書類等の手続きが面倒だと感じている方でも業者がすべて対応してくれます。

 

複数の業者から選べますし、空き家を売る方は、比較サイトで売る価格を知ってから売るかどうかを決めています。

 

空き家を売る みんなが使っている不動産業者比較サイトがこちら

 

とても便利です!

 

 

空き家売却の相談コラム

 

空き家売却は不要になっている財産を処分する方法としても地域の安全を確保するという意味でも非常によい方法です。

 

しかしながらこれまで住宅を売却したことがないという人が家を売る、ましてやそれまで住んでいなかった住宅を売るということになるとわからないことが多く出てくることでしょう。

 

そうした場合にはだれに相談をすればよいのかというと、基本的には大手の不動産買い取り会社がベストということになります。

 

 

通常の住宅売却ですと地域密着型の中小業者でもよいのですが、こと空き家売却に限っては大手の方がよいです。

 

これはどうしてかというとなにもわからない状態で空き家売却をする際にはわからないことが非常に多く、情報の集め方もなかなか難しいところが多いからです。

 

大手の不動産買い取り会社ですとそうした「わからない人向け」の対応ノウハウもしっかりありますから、まずは大手に相談してどうするべきかを教えてもらうことをスタートラインにした方がよいわけです。

 

 

自分がこれから何をすればよいのか、何を準備すればよいのかが分かったというところまで進むことができれば、本格的な売却に向けて歩き出すことができますね。

 

もしそれがわからない状態で中小業者に話をかけると、本来の買値以下の価格で買いたたかれてしまうリスクが出てきます。

 

ただこれは「大手に相談をするのがベスト」であって「大手に売るのがベスト」というわけではないことはチェックしておきましょう。

 

大手でも業者によって買値は異なりますから、自分が何をすればよいのかわかった後には一度一括査定を依頼して、全体的な業者の相場を見ておくことが必要です。

 

最終的な売却は大手に相談して知識を得て、一括査定で相場を知った上で判断を下していくようにしましょう。

空き家を売るための一般的な流れ

 

空き家を放置していると役所から人がやってくるといいます。

 

やはり放置していると治安的にも物騒になりますからね。

 

そんな空き家ですが、今の時代ではかなり多くの空き家が存在しています。

 

親などが所有していたもので、自分の実家などでは思い出があったりして、処分しにくいものです。

 

しかし、家を所有し続けるということはかなりコストがかかることになります。

 

その物件に住むつもりがないのであれば、気持ちにも区切りをつけて手放すことを検討してもいいでしょう。

 

空き家というのはそのままにしておいても税金がかかってきたりするものです、固定資産税は土地や建物にかかってくる税金です。

 

それを支払ったり、その家自体のメンテナンスをしていかなければならないのです。

 

売るときの一般的な流れとしては、まずは遺産などで名義が異なる場合ではよく協議をしていくようにあるうといいでしょう。

 

そして相続人の名義に変更していきます。
それから、その空き家の資産価値を知るために、不動産会社などに査定をしてもらうようにしましょう。

 

不動産鑑定士に見てもらう方法もあるのですが、費用がかなりかかります。

 

査定をしてもらって納得できたら、不動産会社と媒介契約をしていくことになります。

 

そして売買契約を交わして引渡しをしていくことになります。

 

売却をしたら、確定申告をすることも忘れないようにしましょう。空き家というと状況にもよるのですが、中古物件であり、思っていたよりも資産価値が低く、査定額がそれほどよくないこともあります。

 

複数の業者で査定をしてもらって比較をしていくのもいいでしょう。

 

最近は都市部でも地方でも空き家がかなりあるということが話題になってしまうような時代です。

 

よりよい形で使わない家を他に譲るようにしたほうがいいといえましょう。

 

 

 

今回の記事を読んだ人は、下記の記事も読まれています。
空き家を売りたい場合の査定依頼方法