空き家活用するために考えるべきこと

実家が空き家になったまま何年も放置しているという方は少なくないでしょう。売却して処分したいけど思い出の詰まった実家を簡単には手放せません。

 

しかし、誰もいない空き家を放っておくと火災が発生する危険性もありますし、何かとトラブルに発展する恐れがあるのです。また空き家でも固定資産税は毎年負担しなければなりませんから、ただ放っておくよりは何かしら活用する方法を考えた方がいいでしょう。

 

空き家の活用術として選ばれているのが、賃貸物件として貸し出すという方法です。多少築年数が経過していても十分住める状態であれば、借主が現れる可能性があります。

 

とくに一戸建て住宅はアパートやマンションのような集合住宅と比べて、ゆったりとした生活が送れるというメリットがあります。実際に賃貸物件を探している方の中には一戸建て住宅を希望する方が多いですから、建物が古い分家賃を下げて貸し出すといいでしょう。

 

空き家を賃貸物件として貸したいと思ったら、初めに不動産会社を探します。アパートなどの賃貸物件を仲介している不動産会社を見つけたら、家賃を査定するために一度訪問してもらいましょう。

 

建物全体の様子や室内の状態などをチェックしたら、毎月どの位の家賃なら借り手が付くといったアドバイスがもらえます。しばらく誰も住んでいなかった空き家の場合は、ある程度の修繕が必要になるでしょう。

 

古くなっている部分をリフォームすると費用はかかりますが、入居者から入る家賃収入で賄えるはずです。

 

田舎に空き家をお持ちの方でも心配することはありません。最近では田舎暮らしに憧れて移住する方が増えているので、家賃設定次第ではすぐに入居者が決まることも考えられます。

今回の記事を読んだ人は、下記の記事も読まれています。
空き家を売りたい場合の査定依頼方法