家売却する場合、空き家にした方が早く売れる?

家族が増えて家が狭くなってしまった、逆に子供が独立して広くなってしまった、新築をしたり転勤をする、通勤に便利な場所に引っ越す、ローンが返済できないからなど家売却をする理由はさまざまなものがあげられます。

 

住んでいる家と空き家にした家では、空き家の方が売りやすいとされています。
これは、購入予定者が居住中の物件を内覧したときの気分として、友人が購入した家を見学にしに来た気分になってしまい家を購入する時の参考になったという感じになってしまうからだと思われます。

 

対して誰も住んでいなければ、すぐにでも住めるのか、ほかに物件を購入することを検討している人はいるのか、という具体的なイメージを持ちやすいからです。

 

つまり、人が住んでいる場所は自分が購入するというイメージがわきにくく、誰も住んでいなければ他の人に購入される前に決断しなければならないのではないかという意識が働くためと考えられます。

 

また、居住者がいる場合には許可を取る必要がありますが、空き家ならば不動産会社が物件を管理するため見学する人の都合に合わせて見ることができるようになります。

 

しかし、反面人が住まなくなってしまった家は傷みやすく、何年も購入者が現れない場合には変な噂が出てきてしまうこともあるため注意が必要です。

 

居住しながら売りたいという場合には、なるべくこまめに掃除や手入れをして生活感を出さないようにし、見学者が来た場合には明確な売却理由を説明することで売りやすくなるともされています。

 

空き家の状態の方が売るためにはさまざまなメリットがありますが、売れない場合のときのデメリットもあるためそれらを理解してから家売却を行なうことが大切です。

今回の記事を読んだ人は、下記の記事も読まれています。
空き家を売りたい場合の査定依頼方法