マンション売却で空き家にしたほうが早く売れる?

マンション売却の際に、迷う方が多いのが、居住中の状態で内覧してもらうのがよいのか、引っ越して空き家の状態にした方がよいのかということではないでしょうか。
居住中の売却、空き家の売却には、それぞれメリットとデメリットがありますので、物件に合った方法で売却を進めるのがおすすめです。

 

居住中の場合、室内の状態を家具やカーテン、照明器具を備えた状態で内覧してもらうことができます。そのため、室内の雰囲気から、生活をイメージしやすい点がメリットとしてあげられます。

 

水回りなどが清潔に保たれ、室内がスッキリ片付いていると、好印象を与えることができ、高額での売却が期待できます。
その一方で、居住中の場合、内覧する人に毎回対応する必要があります。

 

内覧の際の対応のほか、室内をきれいに保っておく必要もあります。

 

空き家でマンション売却をする場合、引っ越し後に気になる部分をリフォームできるメリットがあります。
また、オープンハウスを開催すると、訪れる人を効率的に増やすことができます。
さらに、空き家にしてしまえば、居住者が毎回立ち会う必要がないため、労力を減らすことができます。

 

その一方で、空き家は空室の期間が長くなると、室内に埃がたまったり、痛みが目立つようになってきます。また、家具やカーテンが付いていないため、生活のイメージがわきにくい面もあります。

 

こうした点を踏まえて、マンション売却で早く売りたい場合には、空き家でオープンハウスにすると、来訪者が多くなり、早く売れる可能性が高くなると考えられます。

 

その一方、売却の価格については、空き家は期間が長くなると価格が下がる傾向にあり、居住中の方が、良好な状態を保ちやすいため、やや有利となる可能性があります。

今回の記事を読んだ人は、下記の記事も読まれています。
空き家を売りたい場合の査定依頼方法