空き家を売るための一般的な流れ

空き家があって困っているということはありませんか。

 

今の時代ではかなり多くの空き家が存在しています。親などが所有していたもので、自分の実家などでは思い出があったりして、処分しにくいものです。しかし、家を所有し続けるということはかなりコストがかかることになります。

 

その物件に住むつもりがないのであれば、気持ちにも区切りをつけて手放すことを検討してもいいでしょう。

 

空き家というのはそのままにしておいても税金がかかってきたりするものです、固定資産税は土地や建物にかかってくる税金です。それを支払ったり、その家自体のメンテナンスをしていかなければならないのです。

 

売るときの一般的な流れとしては、まずは遺産などで名義が異なる場合ではよく協議をしていくようにあるうといいでしょう。
そして相続人の名義に変更していきます。それから、その空き家の資産価値を知るために、不動産会社などに査定をしてもらうようにしましょう。

 

不動産鑑定士に見てもらう方法もあるのですが、費用がかなりかかります。査定をしてもらって納得できたら、不動産会社と媒介契約をしていくことになります。そして売買契約を交わして引渡しをしていくことになります。

 

売却をしたら、確定申告をすることも忘れないようにしましょう。空き家というと状況にもよるのですが、中古物件であり、思っていたよりも資産価値が低く、査定額がそれほどよくないこともあります。複数の業者で査定をしてもらって比較をしていくのもいいでしょう。

 

最近は都市部でも地方でも空き家がかなりあるということが話題になってしまうような時代です。よりよい形で使わない家を他に譲るようにしたほうがいいといえましょう。

 

今回の記事を読んだ人は、下記の記事も読まれています。
空き家を売りたい場合の査定依頼方法