一戸建て売却で不動産業者にアピールポイントする

 

できるだけ高く家を売りたいのですが、アピールポイントって売主側が用意したほうがいいのでしょうか?

 

それとも不動産業者がアピールポイントをみつけて買い手になるひとに伝えてくれるのでしょうか?

 

やはりアピールポイントが売れる売れないということに影響してくるのかなーという気もしないではないですが・・・気にはなります。

 

不動産業者へのアピールポイントは必要になります

 

一戸建てを売るとき、アピールポイントをみつけて不動産業者に言っておくことでスピーディーで高くうれることがあります。

 

一戸建てを売るにあたって、買い手の内覧が発生します。
売るためにはどういった部分をアピールするか考えておくといいですよ。

 

目に見てすぐにわかる部分を強調してもかまいません。
それ以上に、暮らして初めてわかる長所を記録しておきましょう。

 

とくにこれまでマンション暮らしだった人は、
一戸建てのイメージがつかめない可能性があります。

 

日常生活でたてる音が、どの程度他の部屋に
聞こえるのか伝えるだけでもアピールになるんですよ。

 

公共交通機関や日々の買い物についての利便性を話すのもいいですね。
時刻表や地図だけではわからない、ちょっとしたことをつけ加えましょう。

 

軽い不便さでしたら、話してもいいでしょう。
たとえば一戸建てなら普通に存在する階段ですが、掃除は面倒ですよね。
正直に話すことで、アピールポイントの存在をより印象づけるのです。

 

もっとも、あまりいい部分だけをクローズアップすると
何故売るんだと質問されかねません。
せっかくよくした印象を下げないようにしたいものですね。

 

どんな物件でもよい部分は必ずあるはずです。
またそんなに悪くなくてもこういう部分もありますよと正直に
伝えているだけで不動産業者はうまく買い手に説明してくれるものです。
ただしよい業者をみつけておきましょう。

 

そのためにも無料比較は要チェックですよ!