住宅ローンの滞納で催告書がきたらどうする?

 

住宅ローンの滞納を何カ月も続けていると、最終的に住宅ローンを借りている金融機関から催告書という書類が届きます。
とはいえ、滞納したから突然書類が届くという訳ではなく、いくつか段階があります。

 

まず、郵便物や電話でローン借入先の金融機関から支払いの催促があります。
自宅に訪問してくることもあります。

 

電話や督促状に従うことなく無視していると、次に代位弁済手続き開始の予告という通知が届きます。

 

これはローンの滞納を二か月続けてしまうと届く通知で、このまま滞納が続くようであればローン残高を一括返済してもらうことになります。

 

また一括返済が無理ならば競売にかける、ということを知らせてきているものです。

 

これを更に無視すると、代位弁済手続き開始の通知が送られてきます。

 

三か月滞納すると送られてくるもので、今すぐ一括返済を行わない場合は競売にかける、という最終通知になります。

 

この段階でローンが払えない場合は、競売にかけられることになります。

 

競売とは、持ち主の意思に関係なく裁判所が強制売却することで売却で得られたお金は、全額税金と債権者に振り分けられ、持ち主の手元には一切残りません。

 

また、競売になっても借金が帳消しになるわけではなく、売却金額がローンの残金に満たない場合は、差額が借金として残ります。

 

競売は普通の売却よりも安い価格での売却となるため、最悪の場合家を失った上に借金だけが残るという事態になりかねません。

 

また、競売は成立すると引っ越し費用は出ず強制的に退去させられる上、残った借金も一括で返済を求められます。

 

競売を避ける方法の一つに、任意売却があります。

 

任意売却とは、住宅ローンの支払いが難しくなった場合に、通常の住宅売買の場で家を売却することです。

 

これで借金がなくなるということはありませんが、競売のように通常よりも安い価格で叩き売られてしまうことを回避し、借金の金額を減らすことができます。

 

また、任意売却には、交渉次第で引っ越し費用がもらえる場合があったり、残りの借金も、ある程度柔軟に返済プランを組むことが出来るなど、競売よりも楽になるメリットがあります。

 

任意売却を行うには、債権者の合意が必要です。そのため、交渉は専門の不動産会社に依頼することが大切です。

 

また、競売を避けるには早めに動くことが大切です。催告書や督促書を無視するのは絶対にやってはいけないことです。

 

届いたときは絶対に無視せず、適切に行動するようにしましょう。

 

 

この記事をご覧になられた方は、下記も読まれています。
【悲報】売ってもローン残債500万円以上確定の家を一括査定で売却した結果

目的別ランキング 目的別ランキング

 

目的別ランキング 目的別ランキング

 

目的別ランキング 目的別ランキング

TOPへ