" />

相続での不動産売却について

不動産を相続した場合、相続した不動産売却を検討する方も多いと思います。
相続不動産を売却する場合、それによって生じた譲渡益には譲渡所得税や住民税等の課税がかかります。
もし不動産を売却しても譲渡益が生じなければ、こうした税金は課税されません。これらの課税の有無は遺産分割協議の方法や売却不動産の選択において大きな意味を持っていますので、しっかりと正しい知識を見つけて精査していきましょう。

 

譲渡益がかかるからといって、相続した不動産を放置したままにしておくと損することもあります。
とくに、自分たちが居住している不動産の相続でなければ、日ごろの管理は難しくなりコストがかかってきます。放置している間固定資産税を払い続けなければなりませんし、一戸建てであれば傷んでしまいます。マンションであっても価値は下がっていきます。ですから、しっかりとしたノウハウを培ったうえで不動産を売却することは得策といえます。
その際、名義変更の必要や相続人が複数いる場合のトラブルなど、考えられなくもありません。ですから、いざという場合に備えて基礎から知っておく必要があります。
しかし、やはり不動産の売買などは人生のうちに何度も経験することではありませんので、自分のおかれた環境や家族関係などを整理したうえで、専門家に相談することをおススメします。

 

不動産の売却については、遺産分割協議や相続登記など専門的知識を多く必要とします。家族みんなが集まることのできる機会も限られてくることも多いと思いますので、なるべく早いうちに各種手続きをおこうことが必要となります。

 

家族が複数いる場合には集まる機会は何度もありませんので、一度タイミングを逃してしまったら後になってからまた集まることは難しいということも考えられます。相続の問題は実に複雑な問題が絡んできます。大きなトラブルを防ぐためにも、司法書士や弁護士などの法律の専門家に相談することをお勧めいたします。