" />

相続で不動産売却する場合の相続登記

相続財産に不動産が含まれていて、その不動産を売却して換価する際には、相続登記が必要となります。売却する場合には、ひとりの相続人が単独で不動産を引き継いでから売却する場合と、不動産を換価して金銭で分割するために数名の相続人が協力して売却する場合があります。

 

どちらにしても、名義変更の登記を行わなければ不動産売却は不可能です。単独で行うにしても、複数で行うにしても、まずは相続人のうちの誰かの名義に変更する必要があります。なぜなら、故人から直接名義変更を行うことは不可能だからです。

 

名義変更を行った後に、取得した人と売買契約を結び、その後売買が原因の名義変更を行うことになります。単独で不動産を取得する場合には、その不動産を引き継いだ人の名義に変更してから売却手続きに移行。

 

複数の場合には不動産売却や換価の手続きを行う代表者を決定し、その代表者の名義に一旦変更する必要があります。では、どのように相続登記の手続きを行うのかと言いますと、まず必要な書類を揃えなければなりません。この場合に一番重要となる書類が遺産分割協議書です。

 

相続人が複数いる場合に名義変更を行うためには、相続人全員の承諾が必要となります。その承諾を得るためには話し合い(遺産分割協議)を行う必要があり、遺産分割協議が成立した場合には、その結果を証明する遺産分割協議書を作成しなければなりません。

 

この遺産分割協議書を持って、管轄している法務局に登記申請を行います。申請時にはこの遺産分割協議書以外にも、戸籍謄本(原戸籍、除籍謄本を含む)や一時的に取得する人の住所証明書などが必要となります。

 

登記の申請が行われると、書類等に不備が無ければ数日後に登記が完了します。名義変更登記完了後にいよいよ不動産売却の手続きに移行するのです。不動産を売却しない場合にも、財産取得のためには名義変更の登記が必要となりますが、申請の流れは前述したものと同じになります。