一戸建て中古物件売却での比較検討について

 

いま4人家族で一戸建ての中古物件に住んでおり売却を考えています。

 

1年後に家を売って田舎暮らしをするための物件を探しはじめる予定をしていますが、住宅を売却するときは不動産などの専門家にお尋ねしたり比較検討をしたほうがよいのでしょうか?

 

中古一戸建ての物件を売りマンションに引っ越した友人もいますが、地域エリアによっては賃貸にしたほうがメリットがあったり、また家を取り壊して土地をさら地にする方法もあると言っていました。

 

いろんな売り方があるのかもしれませんが、私はよく知らないので、できれば不動産売却に強い営業マンにサポートして安心して家を売ることを望んでいます。
できれば中古一戸建てを売ってローンをすべて完済して手元に200万円ぐらい残るといいなーと勝手に思っています。

一戸建など中古物件の売却はインターネットが比較検討が便利!

 

私が担当したある方のエピソードですが、その方は両親の所有する一戸建ての家に同居していました。

 

ある日のこと、家に不動産業者の営業マンと思われる人が飛び込みで訪ねてきて、自宅を是非買いたいと言ってきたのです。その当時はもちろん売却するつもりはなかったのですし、その時点ではまだ地区10年未満の家でしたので、詳しい話を聞かずに帰っていただいたそうです。

 

ですがその営業マンが提示してきた買い取り価格は、中古の物件とは言え今では考えられないような破格の金額だったらしいです。
今となっては両親は、惜しいことをしたと笑い話になるようなエピソード。

 

このようにその時の時代背景により、住宅市場の価格も変動しますので、
いつが買い時かというのは誰にも予想がつきませんし、買い時のチャンスを探るのは大変難しいです。

 

その当時は今のようにインターネットなどない時代でしたので、いざ本当に売却したいときなどは、先ほどのような不動産業者の営業マンに依頼したり、直接不動産会社に出向いて査定を受けたりする方法が一般的でしたが、今では大手不動産会社のホームページに必要事項を書き込むだけで、すぐに査定が受けられるシステムが提供されています。

 

不動産業者へ行く事等が煩わしく思われている場合は、本当に便利なシステムです。
また複数の業者でこのようなサービスが展開されていますので、売却予定価格を比較検討する際にも役立ちます。

 

ちなみに、不動産売却で手元にお金が残っている方の多くが
このネット無料査定をしています。