一戸建て売却でローン残債を分割支払いはできる?

 

念願の一戸建て住宅を購入される方も大勢いますが、多くの方が購入する際には住宅ローンを利用して購入していることになります。一戸建て住宅の場合では高額な買い物になることから、一生に一度のお買い物として長期ローンなどを利用することが一般的です。

 

 

しかし、後に一戸建て売却を検討される方が存在していることも事実になり、たとえば離婚してしまったことをきっかけに一戸建て売却を検討される方や、住み替えなどを希望している方が一戸建て売却を考える場面などもあり、人によって目的や条件が異なることがあります。

 

一戸建て売却を行う場面では、既にローンを完済している方ならば問題に感じることが少ないものですが、ローン残債が残っている方であれば、その支払い方法について迷ってしまうこともあります。

 

一戸建て売却でローン残債の取り扱いについては、分割払いができるかどうかで悩んでしまう方も存在していますが、一般的には売却を行って得ることのできた資金で一括払いを行うことが基本です。抵当権が付けられていることによって、速やかに引き渡しを行うためには抵当権を外すことが必要です。

 

そのためには、分割払いではなく一括払いを行うことが求められており、通常では利用している金融機関が分割払いを認める可能性が低いものとされています。そもそも、売却益がローン残債を上回っている場合では問題が生じない内容ですが、下回ってしまった方がどうしても分割払いを希望するならば、任意売却の方法が用意されていて、この方法であれば問題な分割払いを行うことができます。

 

また、不足してしまっている残債に関しては金融機関で別途キャッシングなどを利用してみる方法もありますが、やはり一戸建て売却では常にローン残債を確認しながら検討することがよい方法です。

 

 

この記事をご覧になられた方は、下記も読まれています。
【悲報】売ってもローン残債500万円以上確定の家を一括査定で売却した結果