家売却ノウハウ記事一覧

離婚したときには、それまで夫婦で築き上げてきた貯金や不動産などの財産は、共有財産とみなされて相手の貢献度に応じて、請求することができます。妻が専業主婦で収入は夫が稼いでいた場合も、妻は家事をすることで夫の働きを支えていたとみなして、財産分与を請求する権利が認められています。共有財産としてみなされない財産としては、結婚前に貯めた貯金や相続による財産は特有財産とみなされて財産分与の対象から外されます。...

今まで住んだ家、両親の家、親戚の家など今後使う予定がなくなってしまった家は必然的に売却という流れが自然になってきます。そのままにしておいても誰も住まなければホコリが溜まってしまったり家が老朽化してしまう原因にもなります。家が老朽化してしまうと価値がどんどん下がってしまい書いても見つからない事態に陥ってしまう可能性も無くはありません。ですが家を売却するにはきちんとした手続きを経て家売却を済ませなけれ...

絶対にしなくてはいけないというルール自体はありませんが、家売却時にハウスクリーニングを実施しておくと様々なメリットが得られやすいのも事実です。たとえば家を購入する側の視線で見ると、前の持ち主が所有していた荷物だけを運び出して、家の中の汚れをそのままにして引き渡そうとすれば、嫌な印象にしかならないでしょう。逆に購入者が引越しする前にハウスクリーニングを行っておきますと言われて不愉快な気持ちになる人は...

家売却を行った年には、年末調整を行うかどうかに関わらず、翌年の一定の日までに確定申告をする必要が生じます。給与所得の税金調整が年末調整の主な内容です。家売却は不動産所得に関することですので、混同しないよう注意が必要です。年末調整とは、給与所得者が一年間の間に同一企業および関連企業から受給した毎月の給与から差し引かれる源泉徴収税と、年末に各種保険料を差し引いた年間給与額に対する所得税の差額を計算する...

認知症は、正しい判断を下すことが出来ないために、何かを契約しても法律では意思無能力者とみなされて、契約が取り消されたり無効となったりします。詐欺の被害に遭うことを考えれば、それには利点がありますが、認知症の父名義の家を売却するときには、本人が契約できないとなればどうするのか、という問題が出てきます。家を使うものがいなければ、建物が劣化していきますし、家の維持管理及び認知症の治療には費用がかかります...

家を売却しようと考えた時に、一番心配になるのが業者に家売却の相談をした後に行う内覧なのは皆さん同じです。今まで住んでいた家を、他人が来てどの程度の価値があるのかと査定に来るのですから当然です。現状を見て貰うのですから、今になってできることは限られてきます。ですから、内覧時にプラスになるポイントだけはしっかりと押さえておくことをお勧めします。当然のことですが、印象1つで人間ですから大きく査定も変わっ...

家売却の場合、業者に仲介手数料を払う必要があります。ただその金額はどれだけでもよいという訳ではなく、法律によって上限が定められている為、それ以上の金額を払う必要は全くありません。また売却額によっても支払うべき仲介手数料が変わって来るので、どれくらいになるのかを予め知っておく事はとても重要です。消費税抜きの売却金額が200万円以下の金額の場合は、5.4%以内の金額を支払う事になります。また200万円...

親や親族などから相続した家を売却したい場合、知っておくべきポイントがいくつかあります。家売却の経験があっても、自身の所有する家と相続した家の売却とでは手続きや注意点が異なります。人生にそう何度もあることではありませんので、できれば司法書士などに相談しながら進めたほうがよろしいでしょう。相続そのものに争いがある時は、はじめから弁護士に依頼することも検討すべきでしょう。遺産として取得した家は、自分の名...

長年住んだ自宅や、実家であった空き屋などを売却する場合に、不動産業者に相談し丸投げをすることは実は利口な選択ではありません。多少の手間は掛かりますが、不動産業者に家売却の依託をする前に下調べをすることをお勧めします。実はこれが、後々損をしてしまう状況を引き起こすことを防止することになるのです。では、なにを調べて置くのがよいかを、考えて行きます。まず、一番大事なことは、売却を考えている不動産の実際の...

家を売却する時、相手があらかじめ定まっているならば、誰かに仲介を依頼する必要はありません。しかし、その相手がいない場合には、通常は不動産会社に仲介を依頼することとなります。その時には、仲介手数料が家売却の費用として必要になってきます。この値段は、当事者の契約次第なので一概にいくらかは言えませんが、上限は法律により定められています。200万円以下の場合には売却価格の5パーセント、200万円を超えて4...

家売却をする際には、複雑な手続きが必要になります。不動産は固定資産として課税の対象となるなど税制上でも特別な扱いとなるため、その所有権や権利範囲を厳密に管理する必要があるため、複数の書類が必要になるのです。家売却をするためには、不動産業者に仲介を依頼し、買主を見つけてもらう必要があります。その際には、不動産業者がその家が売主が正規の権利を持っていることや、住宅が正規の手続きで取得されたものであるこ...

家売却を行う場合、所有権移転登記など様々な登記費用や、法律上の知識も必要になります。そのため、司法書士を用意することになりますが、売主は基本的に依頼する必要はありません。不動産の売買時では買主が司法書士を用意するのが一般的で、不動産会社と共に諸々の処理を行ってもらうことになります。登記義務者の売主、登記権利者となる買主の代理人は同じ司法書士が行い、手数料を含め所有権移転登記手続に関する費用は買主が...

家売却を行った場合は、売却したことで得る金額から、売買契約成立に至るまでの諸経費を差し引いた所得額が最終的な受取額となります。その際、受取額が一定額に達している場合は確定申告が必要となります。まず、売却を行うためには買い手を探す必要があります。その際、不動産売買を専門に取り扱う会社に依頼する方が非常に効率的です。自分が売ろうとしている家屋の相場がどの程度の金額で取引されているのか等の情報を専門業者...

家売却をするにあたり、売り主の立場や物件の種類によって消費税が課税されたり非課税になったりするので、売却する際にはこれらの種類を知っておくと損をしないで済むかもしれません。まず土地の消費税については、資本移転と考えられており、売却時には個人や事業者などに関わらず非課税対象となっています。しかし、建物については少々複雑な決まり事があり、基本的には課税対象となっていますが、個人が売買する場合は非課税、...

最近よく聞かれる不動産関係の相談は、空き屋の処分についての相談です。現実的に、親世帯が住んでいた家が老人ホーム入居などに伴い空き屋になるという現状が増えてきています。親が家に戻ることは今後無く、固定資産税を払い続けても意味が無い上に家も傷んできて保全も大変。ということで、空き屋の保持をしなければならない子供世代が遠方に住んでいる場合は深刻な問題の1つになっています。家が傷めば、住むこともむずかしく...

海外赴任に当たって、長期間の赴任が決まってしまった場合は自宅をどうしようかと悩む方も多いものです。家を維持するのは、海外からでは大変なものです。家は、風を通さなければ傷みが激しいものです。その管理を依頼して、ムダな管理費と固定資産税を払い続けるのならば家売却を考えるのは当然の流れと言えます。海外赴任の場合、一番の心配ごとは赴任前に売却が完了するのか、また売却に当たっての諸処の手続が完了するのかとい...

居住してきた家を大切に取り扱ってきた方ならば、火災保険に加入していることが多い傾向にあります。火災保険は住宅ローンを利用する際にも加入することが必要になる保険としても知られていますが、使い道の範囲は意外と広いことでも有名です。たとえば火災の他にも水害や風害など数々の自然災害に対応している商品があり、中には別途地震保険に加入している方もいます。しかし、後に家売却を考える方も存在していて、この場面では...

海外や国内の他地域に転勤になったり、家族の介護のためや、離婚をするなどのさまざまな理由によって、家売却を考えられている方がいることでしょう。家売却を行うためには、いくつかの手順があります。一般的に行われる家売却の手順ですが、不動産会社に相談することからはじめられるのがいいでしょう。その際には、物件の価格査定の依頼を行うのですが、査定価格は不動産会社によって違いがみられますので、複数の会社に依頼をす...

家売却を行う場合は、買主に物件に関する情報を見てもらうために、様々な書類を用意しなくてはいけません。必要書類は物件の種別によって異なるのですが、用意する書類の基本は共通しています。大切なのは売り主に関する情報、権利に関するもの、物件に関する書類があればだいたい問題はありません。具体的に提出する書類を決めるのは2つのタイミングから分けられ、売却を依頼する際と、物件の引き渡しの時となります。売却を依頼...