家を売るときハウスクリーニングは必要?

 

家を売るときハウスクリーニングをした方が高く売れるのか?

 

そんな疑問を持っている方も実は多いですね。

 

 

もしこれから家を売ろうと考えている方でハウスクリーニングが気になる方のために一例をご紹介しますので参考にしてみてください。

 

 

 

家を売るときですが、掃除は絶対にしなくてはいけないというルール自体はありませんが、家売却時にハウスクリーニングを実施しておくと様々なメリットが得られやすいのも事実です。

 

たとえば家を購入する側の視線で見ると、前の持ち主が所有していた荷物だけを運び出して、家の中の汚れをそのままにして引き渡そうとすれば、嫌な印象にしかならないでしょう。逆に購入者が引越しする前にハウスクリーニングを行っておきますと言われて不愉快な気持ちになる人はいません。

 

中古物件を購入する時に前の持ち主のことが気になるのは、誰しもよくあることです。いい印象を抱いてもらえば家売却時の交渉がスムーズに運ぶ可能性は大いにあります。

 

例えば自分が汚したものにはある程度寛容でいられますが、他人の汚れには敏感に反応したりすることもありますよね。(^^;)

 

家を購入するという人生において一、二を争う大イベントで、第三者の生活した痕跡がたくさん残っている家を積極的にいたいと思う人はあまりいません。

 

 

 

つまり家売却前にハウスクリーニングをしておくと、前の持ち主の生活臭を一定レベルまで消すことができので、購入する側としても前向きに家を買うかどうかを検討できます。

 

購入後にあらためて自分達で家の掃除をしなくてもいいメリットも、購入する側にとっては大きな魅力となるでしょう。

 

しかし家の規模や家売却までにかける時間によっては、家全体をハウスクリーニングするのは難しいケースも考えられます。
そのような場合は、主婦目線でハウスクリーニングしてもらうといいでしょう。

 

とくにお風呂場のカビ取りやトイレの黒ずみなど、普段の掃除で目につくものの綺麗にしづらいところに重点を置いてハウスクリーニングしておくと、他の箇所の掃除が多少行き届いていなくても綺麗な物件だと感じてもらいやすくなります。

 

目的別ランキング 目的別ランキング

 

目的別ランキング 目的別ランキング

 

目的別ランキング 目的別ランキング

TOPへ