家売却したら年末調整は行った方がよいですか?

家売却を行った年には、年末調整を行うかどうかに関わらず、翌年の一定の日までに確定申告をする必要が生じます。給与所得の税金調整が年末調整の主な内容です。家売却は不動産所得に関することですので、混同しないよう注意が必要です。

 

年末調整とは、給与所得者が一年間の間に同一企業および関連企業から受給した毎月の給与から差し引かれる源泉徴収税と、年末に各種保険料を差し引いた年間給与額に対する所得税の差額を計算する手続きです。通常は源泉徴収税が大きくなることから、還付という形で年末に税金が戻ってきます。

 

その一方で年間に掛った医療費等は、いかに高額であっても年末調整では控除することが出来ません。そのため、翌年の確定申告に、年末調整によって発行される源泉徴収票と一緒に添付することによって所得に対する税金を還付出来ます。その際に、前年に行った家売却によって得た所得を不動産所得として計上し、確定申告を完了させる必要が生じます。

 

確定申告には白色申告と青色申告がありますが、一般の方が家を売却して不動産所得を得た場合は白色申告となります。青色申告とは違い控除額は10万円ですが、青色控除適用の場合と違って複式簿記の整備やその他書類を税務署等に提出する必要がありません。家を売却するまでに至った必要経費は、特殊な場合を除いてその大半が経費認定されます。詳しくは税務署を税理士に事前に相談して適切な処理を行うことを心掛けましょう。

 

また、年末調整時に必要書類の整備が間に合わずに控除が出来なかった金額についても、年末調整時に添付して控除を行えば、最終所得を低くすることが出来ます。最終所得は翌年の住民税等の市民税に影響を与えますので、可能な限り控除するよう心掛けることが節税対策の第一歩です。

 

目的別ランキング 目的別ランキング

 

目的別ランキング 目的別ランキング

 

目的別ランキング 目的別ランキング

TOPへ