家売却での仲介手数料はいくらぐらい必要?

家売却の場合、業者に仲介手数料を払う必要があります。
ただその金額はどれだけでもよいという訳ではなく、法律によって上限が定められている為、それ以上の金額を払う必要は全くありません。
また売却額によっても支払うべき仲介手数料が変わって来るので、どれくらいになるのかを予め知っておく事はとても重要です。

 

消費税抜きの売却金額が200万円以下の金額の場合は、5.4%以内の金額を支払う事になります。
また200万円を超えて400万円以下の場合は4.32%、400万円を超える場合は3.24%以内の金額となっています。
また仲介手数料は消費税が込みで表示される場合もあれば、税抜きで表示される事もあるのでその点について注意しましょう。

 

従って、たとえば200万円までの場合は10万円の仲介手数料を支払うという事になります。
ただこの数字は上限なので、実際にここまで請求されない場合も少なくありません。

 

ただ、業者によっては素人相手という事でこれ以上の割合を請求する場合もあります。
しかしこの場合は前述した様に法律違反であるので、請求額をそのまま支払う必要はありません。
また請求された金額に対して疑問を抱いている時は、業者に対して質問をし、納得した上で支払うというのが基本です。
何も知らないまま、また疑問などを解決しないままで支払ってしまうと必要以上に仲介手数料を払ってしまう事もあるので注意しましょう。

 

現在では家売却に関わる仲介手数料にまつわるトラブルも多く報告されています。
ただそれに関して言えば、自身が売却手数料について良く理解しておけば、また分からない点について業者に質問しておけば防ぐ事が出来たものも少なくありません。

 

 

目的別ランキング 目的別ランキング

 

目的別ランキング 目的別ランキング

 

目的別ランキング 目的別ランキング

TOPへ