海外赴任で家を売却するときのポイント

海外赴任に当たって、長期間の赴任が決まってしまった場合は自宅をどうしようかと悩む方も多いものです。家を維持するのは、海外からでは大変なものです。家は、風を通さなければ傷みが激しいものです。

 

その管理を依頼して、ムダな管理費と固定資産税を払い続けるのならば家売却を考えるのは当然の流れと言えます。海外赴任の場合、一番の心配ごとは赴任前に売却が完了するのか、また売却に当たっての諸処の手続が完了するのかということです。
急いでると、足元を見られるのでは無いだろうかという心配もあるものです。

 

では、どうしたらよいのでしょうか。

 

まずは、最初に知っておきたいのは多少手間が掛かりますが海外赴任後でも家売却の手続は可能だということです。不動産業者を通して、仲介の手続をするのが一般的ですから心配はいりません。また、一般的には信頼できる1社に売却の諸々を依頼する方法を取る方が多いものです。

 

しかし、数社に依頼する形にする方がこの場合は利口といえるでしょう。物理的に広告に載る回数も、依頼先を複数にすることで多くなるものです。また、1社だけに頼んだ場合は取りあえずいつか売れればよいと不動産業者があまり動かないという例もあるのです。

 

数社に依頼しておけば、広告を打っても売却時の仲介料が入らず別の不動産業者に利益を持って行かれてしまうということで、比較的動いて貰えるという話しもチラホラ聞かれるのです。

 

ですから、海外赴任で家売却を頼む場合は専門で1社に頼むのではなく、複数の不動産業者に売却依頼をするのがよいのです。また、最後に気をつけなければならないことがあります。赴任後に売却となった場合、書類のやりとりなど法的な手続が必要になる関係で、大使館や領事館に何度か足を運ぶ必要が出てきます。ですから、海外赴任前に売却できるのが最もよいと言えるのです。

目的別ランキング 目的別ランキング

 

目的別ランキング 目的別ランキング

 

目的別ランキング 目的別ランキング

TOPへ