家売却で火災保険を途中解約した場合どうなる?

居住してきた家を大切に取り扱ってきた方ならば、火災保険に加入していることが多い傾向にあります。

 

火災保険は住宅ローンを利用する際にも加入することが必要になる保険としても知られていますが、使い道の範囲は意外と広いことでも有名です。たとえば火災の他にも水害や風害など数々の自然災害に対応している商品があり、中には別途地震保険に加入している方もいます。

 

しかし、後に家売却を考える方も存在していて、この場面では家をできるだけ高く売却することに専念するあまり、火災保険のことを忘れがちになることが多いのですが、家売却を行う際には忘れずに火災保険を途中解約することが必要です。

 

世間には自動車保険や生命保険など数々の保険商品が用意されていて、その中には掛け捨てとして加入をしている保険がある可能性も出てきます。家売却で火災保険を途中解約した場合では、実際にはその多くが残りの日数に合わせて保険料が戻ることになるので、掛け捨てではないことが一般的です。

 

保険料を節約することを希望している方の中には、10年間など長期的に加入手続きを行っていて、尚且つ一括で支払いをしている方も存在しています。このケースでも火災保険の場合では途中解約の手続きを済ませる方法で、保険会社で設定している率によってお金が戻ることが一般的です。

 

自動車保険のように月割りとして考える方法や、保険会社が独自に返還する率を決めている場合も見られるので、その都度確認を行って手続きを進めることがよい方法です。家売却が決まったならば、できるだけ早い段階で手続きを行うことがよい方法にはなりますが、引き渡しを確実に行うためにも解約する日付などを確認することも大切なことです。

目的別ランキング 目的別ランキング

 

目的別ランキング 目的別ランキング

 

目的別ランキング 目的別ランキング

TOPへ