家売却での売買契約の手続き

海外や国内の他地域に転勤になったり、家族の介護のためや、離婚をするなどのさまざまな理由によって、家売却を考えられている方がいることでしょう。家売却を行うためには、いくつかの手順があります。

 

一般的に行われる家売却の手順ですが、不動産会社に相談することからはじめられるのがいいでしょう。その際には、物件の価格査定の依頼を行うのですが、査定価格は不動産会社によって違いがみられますので、複数の会社に依頼をするのもいいでしょう。住んでいる周辺には、いくつかの不動産会社がありますので、信頼できるところを見つけて家売却の理由から詳しい内容を話しておきましょう。

 

正式に不動産会社に依頼するためには、媒介契約を結ぶ必要があります。この媒介契約には、専属専任と専任と一般の種類がありますので、どれかを選択します。この媒介契約に基づいて、家売却のための活動や報告などがなされます。

 

買主の方が見つかり契約条件の合意に至ったら、売買契約の手続きが開始されることになります。売買契約書を交わして手付金を受け取り、物件を引き渡すまでの準備に入ります。引き渡しを行う日までには、抵当権の抹消手続きやいくつかの書類を用意しておきます。
これらの手続きが完了したことで、家売却というおおまかな流れになります。

 

家売却をするためには、印紙税や抵当権抹消費用、仲介手数料などの諸費用が必要になります。修理や修繕を行ったり、建物を更地にする場合には、これらの費用も加えて必要になりますので、家を売却する時には、諸費用が必要になることを知っておきたいものです。また、売却の価格も大切になりますが、信頼できる不動産会社に出会うことも大切になるでしょう。

目的別ランキング 目的別ランキング

 

目的別ランキング 目的別ランキング

 

目的別ランキング 目的別ランキング

TOPへ