家売却で必要書類はどんなものがある?

家売却を行う場合は、買主に物件に関する情報を見てもらうために、様々な書類を用意しなくてはいけません。必要書類は物件の種別によって異なるのですが、用意する書類の基本は共通しています。大切なのは売り主に関する情報、権利に関するもの、物件に関する書類があればだいたい問題はありません。
具体的に提出する書類を決めるのは2つのタイミングから分けられ、売却を依頼する際と、物件の引き渡しの時となります。

 

売却を依頼する際に必要な書類は以下のものとなります。
・登記簿謄本(土地と建物の両方)
・購入時の売買契約書
・重要事項説明書
・土地の測量図(あれば境界確認書)
・家の図面や設備の仕様書

 

登記簿謄本は不動産に関連する情報を記載した書類で、法務局から誰でも簡単に取得することができるので、時間がない人は仲介業者にお願いすることも可能です。売買契約書は物件を購入した際に締結した契約書なので、必ず見つけ出すようにしましょう。土地の測量図は土地面積や境界線を確認するために重要な書類となるので、境界線がはっきりしていない場合は、測量図を作成する必要があります。

 

これらの書類を用意して売却が決まった場合は、さらに以下の書類が必要になります。
・身分証明書
・実印と印鑑証明書
・銀行口座の通帳
・登記済権利証
・固定資産税の評価証明書
・その他の書類

 

登記済権利書は物件の所有者を証明する書類であるため、移転登記をすることで所有者が買主に移ることを証明します。手続きについては不動産会社や司法書士が引き受けてくれるので、あとは判子を押していくだけの作業となりますが、書類がないと手続きが進まないので、用意するように言われた書類は必ず準備しておきましょう。その他にも住所が異なる場合は住民票、住宅ローンの利用時はローン残高証明書も必要になります。

目的別ランキング 目的別ランキング

 

目的別ランキング 目的別ランキング

 

目的別ランキング 目的別ランキング

TOPへ