媒介契約とは?不動産業者と売主の契約について

不動産売却など、家を売る手続きなどをはじめる場合、売主(あなた)と不動産業者と媒介契約を結ぶ必要があります。

 

媒介契約とは、簡単に説明すると・・・

 

不動産などの物件を売る場合、買う場合に仲介を不動産業者に依頼することで媒介契約を結ぶのですが、媒介契約は宅地建設取引業法によって定められていて「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」といれる3種類があります。

 

この3つのいずれかを売主が選択でき、媒介契約の締結により依頼主である売主と仲介する不動産業者との売買仲介での依頼関係というものが明確にされます。つまりお互いに権利や、義務が発生することによってキチンと行動しないといけないということです。

 

また、宅地建物取引業者というのは、媒介契約を売主と締結したとき、遅滞なく一定の契約内容などを記載した必要書面をつくり記名押印して依頼者にたいして交付する必要があると法によって定められています。

 

専属専任媒介契約とは?
特定の不動産業者に売主が仲介を依頼することによって他の不動産業者に重複して依頼することができない契約のことをいいます。売主から依頼された不動産業者は、依頼主にたいして、1週間に最低1回以上にわたり売却活動内容などの状況をきちんと報告する義務があります。また売る物件などを国土交通大臣が指定する流通機構にただしく登録しなければいけません。この専属専任媒介契約というのは依頼主(あなた)が自分で購入希望者を探したり見つけることはできない契約となります。

 

 

専任媒介契約とは?
ほとんど専属専任媒介契約と同じことになりますが売主が決めた特定の不動産業者だけに売買の仲介を依頼できる契約となります。契約を結んだ不動産業者は、売る主(依頼者)に最低でも二週間に1回以上、売却活動の内容状況をきちんと報告する義務があります。また同様に目的物件など国土交通大臣の指定されている流通機構にただしく登録する必要があります。専属専任媒介契約とことなるところは、売主である依頼主は自分で購入したい希望者を自由に見つけることができる点です。

 

 

一般媒介契約とは?
あなたの売り物件を複数の不動産業者に仲介を依頼できる契約のことです。この場合の契約では不動産業者に売却活動などの報告義務は発生しません。また売主である依頼主のあなたが自身で購入希望者を探して見つけることができるという契約になります。

 

 

媒介契約を結んだ場合、不動産業者はその物件に必要な情報をレインズ(REINS)と呼ばれている業者間の物件情報を共有できるネットワークシステム(指定流通機構)に登録することによって他の不動産業者も買主を探す営業活動を行います。

 

 

いろんな考え方や売る方法がありますが、まずは自分の売りたい家がどれくらいの価格で売れるのかを判断する材料として無料査定で調べてみるのも方法の一つです。適正価格を知っておくだけでも不動産業者とのやりとりが全然違います。
最終的によい結果を掴むためにも調査は必要ですね。