不動産売却の高額査定には注意してみましょう

家を売るとき複数の業者に依頼して査定してもらいますが、
その内の一社だけが他の不動産業者よりも飛び抜けて高い査定額を提示していた場合には注意しましょう。

 

たとえば、5社の査定額がこんな感じのときです。

 

A社 3180万円
B社 3200万円
C社 3800万円
D社 3100万円
E社 3300万円

 

この場合はD社の3100万円に対して、C社の3800万円という700万円もの開きがある場合、
一見みるとC社を選びたくなるかもしれません。

 

たとえばC社が市場ニーズを読み取れずに査定額を間違えている場合や、
曖昧な査定額を出して魅力的に魅せて契約を取りたい意図がある可能性もあります。

 

私も家を売るときにいろいろ相談に乗ってもらった不動産業者の知人に教えてもらったことがあるのですが、営業マンが多い不動産業者は業界でも一番だとおもわれてしまいやすいですが、実はできない新人営業マンもいて自分の手柄を欲しいがために家を売りたいと思っている人の目的ではなく、自分の成果として実績を作りたいので媒介契約を取ることを最優先している人もいるとか。

 

営業マンも会社員として仕事が取れないと、上司から怒られたりする人もいてそのような状況を打開するために仕事をしていると思ってもらうためにもそのような行動をする場合があるということですので、くれぐれも査定額に惑わされないように注意しましょう。

 

不動産業界では、さらし物件や、まわし物件と言われる他の物件を売るために使われる材料として扱われる可能性もありますので、あまり高い査定額を付けた会社は避けたほうが賢明でしょう。

 

・・・しかし、実際に販売するチカラがその会社にあって、一番高い売却額を提示している場合もあります。

 

査定額もいろいろ調べて行く上で、なぜこの不動産業者は他の会社とこれだけの価格の開きがあるのかなど、疑問を持つことで聞いてみて、実際に販売力があるから高い設定で売ることができる場合や、ただ単に成績を取りたいから営業マンが提示していることもありますので、知識を高めていくことも重要です。

 

1~2社の不動産業者だけで調べては比較もできないため、
できれば3~5社の不動産業者に査定してもらって決めていくというのが、
私達が失敗しないで賢く家を売ることができる方法です。

 

家の査定は無料で行えますので、失敗しないためにも先に行っておくのが基本です。

 

 

 

 

よく読まれている不動産査定・関連ページ
家売却で失敗したくない方の不動産査定