(タケル)住宅ローンがまだ残ってるけど売却後に完済できるのかな?
ちょっと心配なんだけど・・・


 

 

 

そうじゃな・・・たしかに、住宅ローンが残っている物件はいくらで売れるかがポイントになるな。


 

 

 

住宅ローン残債ありの一戸建て売却で完済するための4つの方法

 

住宅ローン

 

一戸建て売却を検討しながら、住宅ローンを支払い生活を送っているご家庭が多いと思います。

 

一番気になることは「売却するとローン残債が残る?」ということではないでしょうか。

 

毎月の住宅ローン支払いが大変になってきたあなた、このまま払い続けていけるか心配になっている方に、解決方法をいくつかご紹介します。

 

そこで、まず知っておきたい家の売り方です。

 

 

家を売るには4つのやり方がある

 

 

家を売るには「一般売却」「買取売却」「任意売却」「競売」と、大きく4つの売り方があるんじゃ。


 

 

 

4つの売り方があるんですね。僕の場合どれがいいんだろう・・・


 

 

 

でも最近は、5つめが出てきてな。

 

住宅ローンが残っていても不動産会社が買取りしてそのまま賃貸として住めるんじゃ。
家を探さなくてもいいし、子供がいたら転校もしなくて済むからいま人気があるの・・・


 

 

 

ええっ!そんなのもあるんですか?!
賃貸として住めるんだったら、固定資産税も必要なくなるしいいかも。


 

 

 

まずは基本的な4つじゃ。


 

 

家を売るには「一般売却」「買取売却」「任意売却」「競売」と、大きく4つの売り方があります。

 

一般売却・・・不動産会社に依頼してチラシやネットで売却することです。

 

買取売却・・・買い手が半年以上付かない場合など不動産会社に買取りしてもらう売却方法です。

 

任意売却・・・通常、ローンは売却するときに赤字が出ても補填しなければなりません。任意売却の場合は補填すべき金額を分割で支払っていく売却方法です。

 

競売・・・ローンの支払いを怠ってしまっている場合は、強制的に競売にかけられます。家も信頼もなくなります。

 

 

 

 

 

住宅ローンが残っている家を売るコツ

 

 

これから説明するのは、住宅ローンが残っている家でよくあるパターンじゃ・・・


 

 

3000万円の新築を買って10年、まだローンが2000万円ほど残っているという状況。

 

売ろうかと思っていたので、チラシや周りの家の売値を調べてみると、いま売ると1800万円で売れると判断。

 

 

ということは売っても200万円の赤字になる。

 

この場合、手元に200万円と売却するための諸費用で数十万~100万円、合計300万円弱が必要。

 

ローンを完済

 

 

 

 

ここで300万円を用意できるか悩む人が多いですよね。
僕の先輩もそうでしたから。

 

しかし300万円を用意できればローンを完済できるので・・・う~ん。


 

 

 

でもな、家が高く売れる場合もあるんじゃ。

 

するとどうなると思うかの?


 

 

 

 

そういえば、東京オリンピックの影響で不動産価値が上がっているというニュースをみたことがあります。

 

相場よりも高く売れるのはチャンスだって・・・


 

 

 

 

そうじゃな。

 

この時期を見逃してしまうと、値下がりするじゃろう・・・。


 

 

 

 

不動産価値が高い時期に住宅ローンが残っている家を売った場合

 

ざっくり計算してみると・・・

 

市場価値の評価の高い時期で2200万円で売れたとしたら、売却する諸費用100万円を引いても黒字になります。

 

売却額2200万円 - (ローン残債2000万円+諸費用100万円)= 100万円手元に入る。

 

ローン一戸建て売却

 

 

このように一般売却する場合は、売値によって出費が大きくなるか、手元に残るかがわかれます。

 

 

これは依頼する不動産業者をどのようにして選ぶかがポイントになります。

 

 

ローンがある家を少しでも高く売るためにどこに相談すればよいのかご存知ですか?

 

 

 

不動産査定サイトを使って一括査定すれば良いと思うのはみんな同じじゃ。

 

でも違うのじゃ・・・


 

 

 

たしか、前に不動産査定の神様から教えてもらったのは・・・

 

目的に応じて不動産査定サイトを使い分けるということでしたね!


 

 

 

 

タケル君、そのとおりじゃ!よく覚えていたの。

 

目的に応じて不動産査定サイトを使うことで良い結果が生まれるんじゃ!


 

 

目的別 不動産査定サイトランキング

 

 

 

 

住宅ローンが残っている家を買取売却する

 

買取売却とは、不動産業者に買取をしてもらう売却方法です。

 

一般売却で売りに出したけど、6ヶ月以上経っても買い手が出てこない場合や、引越し等で一刻も早く売却したいと考えている方が使う売り方です。

 

この不動産屋で買取してもらう方法ですが、メリットとデメリットがあります。

 

メリットは、どんな物件であろうと買取してもらえるので、すぐに売れるということ。

 

デメリットは、買取してもらえる金額が、相場の20~30%ダウンすること。

 

例えば売値の相場が2000万円だが、買い手がつかないので不動産屋に買取してもらうと。

 

2000万円 → 30%ダウン = 売値が1400万円

 

住宅ローンが残っている家を買取売却

 

住宅ローンが2000万円残っている家だと、600万円の赤字になります。

 

親戚や身内、車売却、保険解約などで600万円かき集めることができるのであれば売却は可能です。

 

 

 

住宅ローンが残っている家を任意売却する

 

任意売却(にんいばいきゃく)や任売(にんばい)という言葉を一度は聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

 

住宅ローンというのは、金融公庫や銀行で住宅ローンを組んで、買った人が支払い続けていくわけですが、支払いを滞ると競売にかかります。

 

競売にかかると、金融公庫や銀行はお金を回収できなくなり、損をしてしまいます。

 

住宅ローンは数千万円という大きな金額なので、金融公庫や銀行にとって痛手になります。

 

そこで、任意売却という売却方法を使います。

 

通常の一般売却でも売った後に赤字になることもありますが、本来、赤字は現金を用意して一括返済しなければなりません。

 

しかし、任意売却の場合は、売却後の赤字を分割で金融公庫や銀行に支払うことになります。

 

これは金融公庫や銀行にとっても時間はかかるが回収できるというメリットがあります。

 

家を売った人がその後支払う金額は、毎月2~3万円ぐらいが多いようです。

 

金融公庫や銀行の審査がありますが、住宅ローンで苦しい方は任意売却を考えてみるのもいいかもしれません。

 

 

 

住宅ローンが残っている家を競売する

 

住宅ローンを組んで購入した家でも、ローンを払うことができず滞納すると、家を差し押さえられます。

 

差し押さえられた家は現金化して回収するために競売にかけられます。

 

相場よりもかなり安い金額で売られるため、ローンでお金を貸している金融公庫や銀行は大損してしまうことになります。

 

金融公庫や銀行はその損失分を取り立てするため競売後は厳しい生活となることがほとんどです。

 

 

 

住宅ローンがある家をどの方法で売りたいですか?

 

住宅ローンがある家の売り方として「一般売却」「買取売却」「任意売却」「競売」をご紹介しました。

 

この中で一番避けたいのが、「競売」ですね。

 

 

たとえば住宅ローン残債が残っている家を売りたいと考えている場合、まず一般売却をおすすめします。

 

一般売却でどれくらいで売れそうなのか?無料で調べることができます。

 

 

今の時代、わざわざ不動産会社にいかずとも、インターネットで不動産査定が無料でできるのです。

 

そこでいま売るといくらなのか?相場と比べて高く売れそうか?をリサーチします。

 

 

あとは出た売却額をみながら、今後そのまま不動産業者に任せるか、買取売却にするか、任意売却にするか決めるのが一番ベストな売り方といえるでしょう。

 

 

 

家を売ったらいくらになるか無料で調べる

 

 

 

 

 

住宅ローンが残っている家を査定した方の体験談

住宅ローン中でしたが支払いが不可能になってしまいました

家を購入してから10年目頃に、とある事情で会社を転職。その結果給料が下がってしまい、さらに妻が体調を崩してしまったために、仕事を辞めることになったのです。今までは二馬力だったので、問題なく住宅ローンの支払いができましたが、私の転職と妻の退職により住宅ローンの支払いが不可能になってしまいました。長年住んだ家で非常に悩みましたが、家を売却することに。
ただし住宅ローンが残っていたので家売却の条件としては、住宅ローンを家売却のお金で払い完結したかったのです。何軒かの不動産会社をまわってみましたが、どの会社の査定額も希望額には届きませんでした。そこで一括査定できるということを知り依頼。そのなかに希望額を上回る査定額で売ることができる不動産会社が見付かり、そちらにお願いして家を売却でき満足。おかげでローンを一括返済で残すことなく済みました。

東京都練馬区 山本様

住宅ローンもたっぷりと残っていた家だが転勤で・・・

会社から思わぬ転勤を命じられて引っ越すことに。当時購入してから5年しか経っていない家でしたが、戻ってくる予定はなかったため、家売却のために動き始めました。まだまだ住宅ローンもたっぷりと残っていたので、家を売却する条件はローンの残りを売却したお金で一括返済して払うことでした。
したがって希望査定額が高めでしたので、何軒も不動産会社を巡って納得のいく金額を出してくれる不動産会社と出会うことができました。おかげでローンの残りは売却益で支払うことができて、引っ越し先での新生活にも新しい家の家賃の支払いにも困ることはありませんでした。不動産会社を探したり家の売却は非常に大変でしたが、納得のいく金額で売ることができたので満足しています。

大阪府東大阪市 工藤様

住宅ローンも家売却とともに無くなりました

およそ20年前に住宅を購入したのですが、住み始めて10年ほど経過した時に主人が転勤を命じられ、家売却をして引越しを経験しました。この時点では、住宅ローンが残っていましたので、高い価格で家売却ができることを願って、地元に精通している不動産会社2件に家の査定を依頼したこと覚えています。
不動産会社から最初に提示された査定結果は、希望する価格と開きがありましたので、自身で標準的な価格を調べて、不動産会社と何度か交渉していきました。いくつかの方法を提案してもらい時間はかかりましたが、住宅ローンも家売却とともに一括返済できて無くなりましたので、地元に精通している不動産会社に家売却の依頼をして、現在では良かったと感じています。

広島県三原市 山内様

 

よく読まれている不動産査定・関連ページ
家売却で失敗したくない方の不動産査定

 

住宅ローン中の家(一戸建て住宅)やマンションを売却するポイント

住宅ローン残債

 

一戸建て売却を考えているが住宅ローン返済中の方で悩み続けている家族がいました。

 

売りたいと考えている家には、5人家族で住んでいる状態。
旦那の収入が減ったため金融機関への毎月ローンの支払が大変!!

 

できるだけ早めに家を売り、賃貸のマンションに引越しする方法を考えていたもののよい案が浮かびません。

 

住宅ローン返済中でも家を売るよい方法があれば・・」と、いつも頭の中には思っていました。

 

 

そんなある日、不動産でも一般的にローンが残っている家も売られていることを知ります。

 

その不動産業者に実際に電話して聞いてみたところ・・・。
「ローンがあるの?だったら残金は残ることを覚悟したほうがいいよ」と冷たく解答。

 

 

やっぱりムリか・・・。

 

そう諦めかけていた時、会社の同僚が家のローン返済額が1000万円以上残っていたけど高く売れて一括返済後に手元に130万円残ったことを教えてくれました。

 

ホントに?!130万円も残ったの・・・?

 

その時、住宅ローン中の家でも売却するよい方法を知りました。

 

 

 

通常であれば、一社の不動産業者に電話で「売却したいのですが・・・」と、相談してからの依頼になるので、売却額がほぼ決まって安くなります。

 

なぜ安く売ることになるのか?というと、理由はカンタンです。

 

不動産業者は一日でも早く売れた方が、仲介手数料がそれだけ早く入金されるから。

 

 

2000万円で売ってみたが売却まで60日以上かかった場合より、1500万円で売って7日で売れた場合の方が、仲介手数料の入金が早いので業者にしたら都合がよいわけです。

 

ただ家を売る立場の売主からすると、高く売れた方が手元にお金が残せますよね?

 

そこで役立つのが、不動産業者の比較

 

 

不動産業者によっては、家の購入希望者リストを持っている会社があります
つまり「こんな物件が売りに出たらすぐ教えてください、すぐ買いますから!」という人達です。

 

そんな購入希望者がいる不動産業者を見つけるのは、一般人にとって大変なこと。
忙しい合間をぬって、電話をかけて不動産会社とやりとりをするのは労力も精神的にもしんどくなります。

 

 

そんなとき、一都三県であればソニー不動産が役立つのです。
東京を中心としたエリアの不動産売却に強く、ローン残債(返済額が多い場合もOK)がある家も対応している。

 

また複数の不動産会社を比較する場合は、HOME4Uをみなさん活用されています。
理由は、通常よりも買い手を探すスピードと対応が早い!
値下げしなくても売れる可能性が高い!!です。

 

実際住宅ローンの支払い中の売主さんが、ソニー不動産やHOME4Uで売り一括返済後に手元にお金が残ったというご家庭も多いのが特徴。

 

もちろん、売る時期やタイミングなども影響してくるかと思いますが、今は不動産売却も一番高く売れる時期だと言われています。

 

このチャンスはぜひ生かしたいところ。

 

 

今、家売却の査定をしたらプラス500万円で売れることが分かっても、来年以降はマイナス300万円以上になることだってあるのです。

 

まずはインターネットで無料査定してから、考えてみるのが住宅ローン中の家でも売却後に手元にお金を残す唯一の方法!

 

家は1年経つごとに100万円ずつ落ちていくと言われていますが、そう考えると来年に不動産査定するよりは、今、無料査定して調べてみるのが賢い選択ですね。

 

 

 

目的別ランキング 目的別ランキング

 

目的別ランキング 目的別ランキング

 

目的別ランキング 目的別ランキング

住宅ローンが残っている家を査定した方の体験談<追加>

不動産屋さんが仲介し、抵当権抹消手続きまでサポートしてくれた

現在68歳、妻59歳です。結婚を機に新居を購入する予定だった息子から同居を提案されました。築17年の物件で住宅ローンはまだ残っており、売れるかどうかまず不動産屋さんに相談する事に。査定の結果、ローン残債よりも査定額が高く、抵当権抹消まで問題ないとの事で持ち家売却を決断しました。
実際の手続きは不動産屋さんが仲介し、抵当権抹消手続きまでサポートしてくれたので、売却までスムーズに進みました。当初の予定では新居の予算は2500万円ほどだったのですが、売却額とローン残債の差額500万円を充て、部屋数2部屋、トイレが1箇所多い家を購入出来ました。ローンが残っている中での売却は不安だったのですが、無事新しい家に入居できて満足しています。土地と建物の所有者が違う借地権や、会社経営者の根抵当権抹消登記などの相談もできますよ。

千葉県 佐伯様

住宅ローンの支払いに悩んでいました

不況により給料が大幅に下がってしまい、住宅ローンの支払いに悩んでいました。どんどん家計が逼迫し始めてどうしようもなくなってしまったので、思い切って家を売却することにしました。ただ住宅ローンがまだまだ残っていたため、家売却をしたお金でローンを完済する必要がありました。いろいろ調べていたら返済できなければ競売にかかることもあるらしく、返済残の不足分のことも心配だったので不動産屋に相談しました。
そこで不動産会社を訪れてとりあえず査定依頼をお願いしたところ、予想以上に低い査定額に落ち込んでしまいました。しかし諦めるわけにもいかないので、何軒もの不動産会社を訪れました。その結果、家の相場も分かるようになり、結果的に納得する金額で家を売却することができました。おかげで住宅ローンも家を売却したお金で完済することもでき、非常に助かりました。住宅ローンで悩んでいる方は不動産査定をすることが大切だと思っています。

和歌山県海南市 前田様

住宅ローンがまだ結構残っている状態だった

昨年、転勤になった関係で済んでいた家売却をしました。住宅ローンがまだ結構残っている状態だったので、売却をせずにそのまま所有しておいて、経営に活用することも検討しましたが、かなり遠方に転勤となるため、管理が難しくなると判断し、売ることに決めました。
売却手続きはもちろん初めてだったのですが、相談した不動産業者の担当者の方がたいへん丁寧に親身になって対応をしてくれたので、それほど不安を感じることなく手続きを進めることができました。精力的に動いてくれて、購入希望者を見つけてくれました。思っていたよりも高額で売却することができたので、住宅ローンの完済をしてなお残高が残ったので、新しい住まい購入の頭金としました。

北海道札幌市 清田様

住宅ローンで悩んでいたが売却して感じた体験談

住宅ローンで悩んでいる人は、まずは不動産査定をしたほうがよいかもしれません。なぜなら、家売却をしようにも、いくらで売れるのかがわからなければ、計画が立てられないからです。住宅ローンの残高よりも、家の価値のほうが低ければ、売却をしてもローンを完済できません。その場合は、任意売却などを検討することになるので、専門家への相談が必要になるからです。いずれにしても、まずは不動産査定をするべきです。私は3社の不動産会社に査定をしてもらいましたが、時間が許せばもっとたくさんの不動産会社を比較したほうがよいと思いました。結果的には、一番高く査定をしてくれた不動産会社に依頼をして、家を売却しましたが、しっかりと説明を聞いて、総合的に信頼ができる不動産会社に依頼をするのがよいと感じました。

宮崎県日南市 坂田様

不動産業者の方の適切なアドバイスのおかげで売れました

私は昨年自宅用マンションの家売却をしました。住宅ローンが残っていることもあり、賃貸経営をしようか迷いましたが、遠方に引っ越すことになっていたので、管理をするのが難しくなると判断し、売却することにしました。
売却する際の相談する不動産業者を決めるにあたり、一括査定サイトを利用して複数の業者に査定を依頼しました。そこからえられた査定金額がもっとも高額な業者に相談をすることにしました。それほど業者ごとの金額に差はありませんでしたが、その中でも最も高額の金額を提示してくれた業者と具体的な手続きの相談をしました。思っていたよりもスムーズに処理が進み、希望通りの売却をすることができました。不動産業者の方の適切なアドバイスのおかげだと思っています。

沖縄県宜野湾市 喜屋武様

35年の住宅ローンを査定したらわかったこと

35年の住宅ローンを支払い続けることが負担になってきました。もちろん、ローンを組んだ当初は支払えるものと考えていたのですが、悪化する経済情勢のあおりをうけて我が家の懐事情もどんどん厳しくなっていったのです。そこで、住宅ローンは残っていたのですが、家売却をしたときにいくらで売れるのかを査定しました。まず、どの不動産会社がいいのかわからなかったので最寄りの不動産会社に査定を依頼したのです。すると、丁寧に応対してくれただけでなく、しっかりと説明してくれたので安心できました。査定額を見ると、住宅ローンをすべて支払えることがわかりました。この結果をうけて、家売却をするかどうかを検討していきたいと思っています。

奈良県天理市 小山様

不動産の査定をはじめてしてみました

不動産の査定というと、とても難しいイメージがありました。不動産の価値を計測するプロが家を見て、どのくらいの価値になるのかを判定するからです。しかし、住宅ローンがあって返済をするのが難しくなってしまったのです。そこで不動産査定を依頼したところ、意外と簡単に事が進んでいきました。しかし、自分が希望している価格とは遠い査定額だったのですこし不満が残っています。もうすこし高く買い取ってくれれば、満足のいく家売却ができたでしょう。もちろん、家の耐久年数などを考えた査定価格だと思うので、不動産会社からの説明を聞いて深く納得できました。家売却のおかげで、住宅ローンの残債が減ったことがなによりですね。ローンに困っている人は家売却も検討してみてください。

群馬県前橋市 上野様

入院費のことも考え不動産査定をしてみました

主人が病気で長期入院をしてしまい、毎月の住宅ローンや入院費などの支払いで困っていました。入院がどのくらいになるかわからなく、仕事復帰もまだ先になりそうだったので家売却を決意しました。安いアパートを見つけたので、そこで新しく生活を始めようと思います。少しでもお金が残るようにと、家売却の為にいろんな不動産会社を回りました。思うような金額ではなく、自分の中では納得ができませんでした。友人から聞いた一括査定を試してみると、その差は300万円くらいありました。即決で決めて、家売却をすることができました。住宅ローンのことでの悩みが解決でき、心の重荷が楽になりました。手続きもスピーディーで、担当者の対応が素晴らしかったです。

大阪府泉大津市 河合様

住宅ローン残債

 

住宅ローンにかんしては日本政策金融公庫をご覧ください。

 

TOPへ