一戸建て売却の積算法と取引事例比較法

 

一戸建てを査定すると言ってもどのような査定方法で一戸建ての売却額などを決めているのでしょうか?

 

相場というものがあるとは思いますが、それは土地の値段だとおもっていますが、建物の査定も含まれるのでしょうか?

 

家を売るにしても査定のやり方を知っておくだけでかなり違うのであれば参考に教えてください。

 

訪問査定で実際の土地や建物を見ると、査定価格も変わることも

 

一戸建てを売る際に、いったいどうやって査定をしているのか気になりませんか。
ただ適当に不動産業者の担当者が勝手に値段をつけているわけではありませんよね。

 

マンションであれば、同マンションの他の部屋の値段からイメージできるでしょう。
一戸建てでも、まとめて建てられたものなら同タイプの家が参考になりますね。
しかし、一般的には一戸建ての査定は難しいようです。

 

一戸建てを売る際の査定方法には、
主に積算法と取引事例比較法の二つがあります。

 

積算法の場合は、土地と建物を別のものとして考えます。
土地部分については、道路に接している部分の長さが重要になってくるようです。
建物部分は、建築費用と築年数が影響します。

 

また、取引事例比較法は、売る周辺の類似物件を探します。
築年数が多い場合には、積算法での建物価格はゼロになってしまいます。
一方で取引事例比較法なら、取引事例での価格が参考になるのです。

 

この二つの方法は机上査定での参考段階ですから、
実際に売る段階になると違ってきます。

 

訪問査定で実際の土地や建物を見ると、査定価格も変わりますよ。

 

もしも、家の価格を知りたい場合は無料の比較査定を利用すると
いろんな不動産業者が提示する価格がみれます。

 

売却できる値段をしることで今後の対応ができるでしょう。